すまいのことなら「すむ図鑑」。デザイナーと共に創るフルオーダーの家づくり

HOME > リノベーション・コラム > DIY > カンタン便利なDIY術 第17弾 〔マーブル色のアクセサリーホルダー〕

カンタン便利なDIY術 第17弾 〔マーブル色のアクセサリーホルダー〕

手軽にモノづくりができるオーブン粘土を使ったマーブルカラーが美しいアクセサリーホルダーの作り方をご紹介します!

2016/02/26 // cat [DIY]
5450" class="post-5450 post type-post status-publish format-standard hentry category-column_diy category-column"

カラフルな色合いと、使い勝手の良さで、モノづくりが好きな人だけでなく、ちょっとした趣味やお子さまとの遊びにも大活躍のオーブン粘土。

そんなオーブン粘土を使ったアクセサリーホルダーの作り方をご紹介します!

準備するもの
オーブン粘土(お好きなカラー2色)
カッターマット
粘土ローラー
接着剤
アルミ箔
ものさし
紙(六角形を印刷したもの)
木材
金属フレーム
パーチメント紙
カッターナイフ
_clay3

step1 型を作る

紙に六角形とその六角形と同じ長さの長方形にカットし、それを貼り付けて型を作ります。

_clay4

step2 粘土を捏ねる

2色のオーブン粘土をマーブル柄になるように捏ねます。

_clay5

step3 粘土を伸ばす

カッターマットの上にパーチメント紙を敷き、粘土ローラーを使って伸ばしていきます。

_clay6

step4 型を抜く

型を粘土の上に置き、カッターナイフを使って型を抜きます。

_clay7

step5 粘土を焼く

3つの型を抜き、フックを作るために長方形の部分を巻き、さらにクセをつけるために棒状にしたアルミホイルを置きます。そのままクレイ粘土のパッケージに表記してある方法で、粘土を焼いていきます。焼き終わったら完全に冷ませてください。

_clay8

step6 フックを木材に接着する

3つのフックを木材に均等に置き、強度の強い接着剤を使って接着していきます。

_clay9

step7 フックを壁に装着する

木材の裏側に金属フレームを接着し、壁に装着できるようにしていきます。

_clay10


これでオーブン粘土を使ったアクセサリーホルダーが完成!オーブン粘土のマーブルがお部屋の中でも一際目を惹く存在感です!

clay12

フック自体の大きさを変えてみたり、アクセサリー以外のものを掛けてみても、とっても使いやすいアイテムになること間違いなし!道具さえ準備すれば簡単に作る事ができるので、ぜひご自宅で挑戦してみてくださいね!

clay14


(参照元:http://www.designsponge.com/2016/01/diy-marbled-clay-hooks.html)

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料請求はこちら

すむ図鑑の魅力がたっぷりの一冊。WEB上には載っていない施工事例をぎゅっと詰め込みました。