すまいのことなら「すむ図鑑」。デザイナーと共に創るフルオーダーの家づくり

HOME > リノベーション・コラム > インテリア > 海外のオシャレなオフィス&クラフトスペースを公開!! 第1弾

海外のオシャレなオフィス&クラフトスペースを公開!! 第1弾

普段あまり見ることのできない海外のオシャレなオフィス&クラフトスペースをご紹介!収納方法や色使いなど参考にしてみてください!

2017/02/17 // cat [インテリア]
7237" class="post-7237 post type-post status-publish format-standard hentry category-column_interior category-column"

デザイナーやスタイリストなど、クリエイターの方たちが使用しているオフィスやスタジオってどんな作りになっているのか気になりますよね?!

本日は海外のDIYサイトOH HAPPY DAY!を運営しているオフィスをご紹介!!とっても可愛らしいので、インテリアや部屋造りの参考にしてみてください!

インスピレーションボードが主役の編集長デスク
差し色使いで統一感のあるデスクに
カラフルなオフィス小物で事務作業も楽しく!
ピンク×ブラックでメリハリを持たせたデスク
アイデア満載のクラフトスペース


インスピレーションボードが主役の編集長デスク

まずは会社の代表である編集長のデスク。職業柄、インスピレーションボードが絶対に必要という事で、壁面は様々なアイデアを貼り付けることができるボードを設置しています。雑誌の切り抜きやカード、雑貨など、仕事に活かせるアイデアをまとめるのに便利!また机の色はシンプルな白にする代わりに、脚の部分だけ黄色に塗り替えているのも特徴的。

1-1

同じ黄色のスツールはIKEAで購入したもの。部分的にカラーを揃えることで、統一感を持たせています。机の上にはお気に入りのタイプライターやアンティークのライトなど、個性的な雑貨を置いて、仕事が捗るスペースに!

差し色使いで統一感のあるデスクに

次はアートディレクターのデスクを拝見。同じ机を使用していますが、脚の色を黄色ではなくスミレ色に塗り替えているのがポイント!そのカラーに合わせて、机の後ろにあるボードにも同じスミレ色に塗装した棚を設置しています。同じ会社のオフィスといえど、個人の好きなものを反映すると、これだけ見違えるんです!

3-1

脚の色に合わせて選んだ椅子も個性的で素敵!薄いブルーが空間を引き締めてくれます。デスクに置いている雑貨や仕事用具も個性的なものが多く、自分だけのプライベートスペースを自由に作っている感じが伝わってきますね!

カラフルなオフィス小物で事務作業も楽しく!

「OH HAPPY DAY!」が運営するECサイト”Happy Day Shop”マネージャーのデスクには、すっきりとした印象がありますが、一つ一つの仕事道具にとてもこだわりがあります。仕事柄、デスクでの事務作業が多いマネージャー職は、書類や領収書などがいっぱいになる事も多いため、紙を上手に収納するためのアイデアがたくさん詰まっています。

4-1

壁には書類を仕分けできるA4サイズのファイルを掛けたり、棚にはノートや資料を収納できるボックスファイルも置いてあります。そういった小物入れのカラーを、インテリアで使用している差し色と揃えるだけでも、とてもオシャレさが増しますよね?!クリップなどのちょっとしたオフィス小物もお気に入りのものを選んで、仕事中の気分を盛りあげましょう!

ピンク×ブラックでメリハリを持たせたデスク

ベビーピンクがとてもフェミニンな印象を与えてくれるこちらのデスクはエディターを管理するマネージャーのもの。スケジュール管理をしなければならない彼女のデスクスペースには、手作りのカレンダーが!曜日のイニシャルと枠だけを作って、あとは自由に3週間程のスケジュールが書き込めるようになっています。これだけ大きなカレンダーだと、他部署の人が見ても分かりやすいですよね?!

5-1

メインに淡いピンクを使っているので、インテリアや机の脚などは黒で引き締めてメリハリを持たせています。白黒ボーダーのブランケットやクッションのピンクなど、ファブリックにはまた一味違った色味やテイストを取り入れることで、ぐっとオシャレに!!

アイデア満載のクラフトスペース

最後は「OH HAPPY DAY!」のクラフトスペースを見てみましょう!数多くのリボン、ペン、絵の具、スプレー、テープなど、仕事に使用する素材を全て壁の有孔ボードに収納しています。細かな素材が多ければ多いほど有効な収納方法ですね!

2-1

まず、収納すべき全ての素材を書き出し、その後に壁のどこにどの素材を置いていくのかを考えます。
2-2

使用する頻度や重さなどを考慮しつつ、紙に絵を描いて配置をイメージしてから作業に移ると失敗が少ないです。さらにカラーも暖色から寒色に流れるように配置するととっても綺麗に!!
2-3
2-4

フックや壁掛け用の棚、コップなどを駆使して、細かなものを纏めて壁面に収納することで、すっきりとした作業机にすることができますよ。
2-5

オフィスというと、同じ形、同じ色の机に使いやすさ重視の棚や幅を取らない椅子など、あまり面白みのないイメージがあるかと思いますが、オフィスにこそ個性や仕事内容に応じたオリジナリティを見出すことで、仕事がさらに効率化されたり、他部署とのコミュニケーションが増えたりもするんです。

一日のうちの多くの時間を過ごすオフィスだからこそ、お気に入りの空間にしてみませんか??

(参照元:http://ohhappyday.com/)

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料請求はこちら

すむ図鑑の魅力がたっぷりの一冊。WEB上には載っていない施工事例をぎゅっと詰め込みました。