すまいのことなら「すむ図鑑」。デザイナーと共に創るフルオーダーの家づくり

HOME > リノベーション・コラム > DIY > カンタン便利なDIY術 第26弾 〔ミニウッドプランター〕

カンタン便利なDIY術 第26弾 〔ミニウッドプランター〕

がらんとしたお部屋の壁スペースにグリーンを飾りませんか?木製のボックスを使ったミニプランターの作り方をご紹介します!

2016/11/04 // cat [DIY]
6865" class="post-6865 post type-post status-publish format-standard hentry category-column_diy category-column"

・グリーンは好きだけど置き場所が無い… 
・机や棚の上に置くのだけでは何だか味気ない…

とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そこで本日は身近にあるジュエリーボックスを利用した小さなプランターの作り方をご紹介したいと思います。ジグソーを使って木材をカットしていく工程がありますが、とっても綺麗に仕上がるので、ぜひ挑戦してみてください!

planter1


準備するもの
蓋を取り外せる木製のジュエリーボックス
薄い板
ジグソー
接着剤
白いペンキ
ネジ付きフック
ゴールドのチェーン
防水のためのコーキング材、防水スプレー
planter2

step1 ボックスをカットする

まずジュエリーボックスの金具を外してふたを取り外します。ボックスの中央にマーカーで印を付け、半分にカットしてください。

planter3

step2 プランターの土台を作る

カットした断面の大きさに合わせて、板にマーカーで印を付け、背面になる部分をさらにカットしていきます。接着剤を使って板を貼り付け、完全に乾くまで待ちます。

planter4

step3 プランターの色を塗る

プランターの表面に好きなカラーのペンキを塗っていきます。ペンキを乾かしている時に、内側に防水のためのコーキング材を使うと、水を必要とする植物でも育てることができます。この作業を行うことで、床や壁もカビや汚れなどから保護してくれます。

planter5

ボックスがとても小さいので、多肉植物などのあまり水を必要としない小さな植物を育てるのに向いています。

step4 金具を取り付ける

ペンキが完全に乾いたらプランターの両端にネジ付きフックを取り付けます。

planter6

プランターを置く場所を決めたら、先に配置を決めるためにマスキングテープを使って位置を決めてしまうと失敗することなくプランターを飾る事ができます。このテープに合わせてチェーンをカットすると綺麗に仕上がります。

step5 植物を植える

場所が決まったら最後にお好きな植物を植えていきます。

planter7


いかがでしたでしょうか??

壁紙やお部屋の雰囲気、インテリアなどに合わせて、ペンキの色やチェーンの素材を変えてみてください!お部屋にぴったりのミニプランターが作れるはず!

planter8

また、多肉植物だけでなく、小さな瓶をセットしてお花を飾ったり、ドライフラワーを飾ったり、雑貨やポストカードなどを飾ってもとってもかわいくなります!
planter10


がらんとした壁空間を華やかにしてくれるとっても優秀なアイテムですので、ぜひDIYしてみてください!


(参照元:http://www.abeautifulmess.com/2015/10/wooden-box-hanging-planter-diy.html)

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料請求はこちら

すむ図鑑の魅力がたっぷりの一冊。WEB上には載っていない施工事例をぎゅっと詰め込みました。