すまいのことなら「すむ図鑑」。デザイナーと共に創るフルオーダーの家づくり

HOME > リノベーション・コラム > DIY > カンタン便利なDIY術 第9弾 〔小物用ディッシュ〕

カンタン便利なDIY術 第9弾 〔小物用ディッシュ〕

樹脂粘土とカッパーリーフを使ってアクセサリーなどの小物を置くオシャレなディッシュを作りませんか?

2015/07/31 // cat [DIY]
3827" class="post-3827 post type-post status-publish format-standard hentry category-column_diy category-column"

よく失くしがちなアクセサリーや時計などの小物類、どのように管理していますか?

置く位置が定まっておらず、探すのに無駄な時間を要してしまう…といった経験のある方は多いと思います。そこで本日はDIYで作るとってもオシャレな小物置き用のディッシュの作り方をご紹介します!置く位置さえ決めてしまえば紛失してしまったり、無駄な時間を過ごさずに済みますよ!

cooper1 -400

準備するもの
白い樹脂粘土
カッパーリーフ または 「metallic copper sharpie」
接着剤(シージング)
ブラシ または ハケ

STEP1
樹脂粘土をよくこねて約1cmくらいの太さに伸ばしていきます。それを回しながら徐々にボウル状の形を作っていきます。棒状の粘土でボウルを作ったら、指の腹を使って緩やかに延ばしていきます。内側から外側に広げるように延ばすと綺麗な形を作ることが出来ます。粘土が2mmくらいの薄さになるまで薄く延ばしましょう。お好みの大きさのお皿に形を整えたら、粘土が完全に乾くまで待ちます。(種類によっては1日以上かかるものもあります。)
cooper3 -400



STEP2
お皿の縁にだけ色を付けたい場合には、輸入品のペン「metallic copper sharpie」を使うだけで簡単に縁取りすることが出来ます。ペンなので簡単に好きな場所に色を塗ることができますし、もちろん字を書くこともできるので、お好きな柄を描いてオリジナルのお皿を作ってみてくださいね!
cooper4 -400

もう一つにはカッパーリーフを使って装飾します。手作りのいびつさを活かすためにカッパーリーフもきちんと貼っていくのではなく、少しいびつな感じが伝わるほうが素敵に仕上がります。カッパーリーフを貼りたい箇所にはけで接着剤を塗り、無風の場所を選んでから、ピンセット等でカッパーリーフを貼りつけていきます。接着剤が乾いたら、最後にシーリング剤をスプレーするとより美しい仕上がりになります。

cooper5 -400

無くしやすいアクセサリーはもちろん、もう少し大きなサイズのお皿を作ればインテリアとしても活用できる万能なDIYディッシュです!寝室、リビング、ドレスルームなど、各お部屋に一つ置いておけば、どの場所でアクセサリーを外しても無くなる事はありませんよね?カッパーリーフを使うことでとってもオシャレなディッシュを作ることができるので、ぜひ挑戦してみてください!

(参照元:http://decor8blog.com/)

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料請求はこちら

すむ図鑑の魅力がたっぷりの一冊。WEB上には載っていない施工事例をぎゅっと詰め込みました。