すまいのことなら「すむ図鑑」。デザイナーと共に創るフルオーダーの家づくり

HOME > リノベーション・コラム > DIY > カンタン便利なDIY術 第7弾 〔マスキングテープの使い方〕

カンタン便利なDIY術 第7弾 〔マスキングテープの使い方〕

マスキングテープをフル活用したDIYアイデアをご紹介!たくさんの種類から好きなカラーとデザインを選んで作りましょう。

2015/06/26 // cat [DIY]
3600" class="post-3600 post type-post status-publish format-standard hentry category-column_diy category-column"

近年雑貨屋さんだけでなく、100円ショップ等でもよく見かけるようになり、その使いやすさとデザイン、カラーの種類の多さでクラフト好きの女子だけでなく、あらゆるシーンで活躍する便利なアイテム“マスキングテープ”

本日は大注目のマスキングテープを活用したとっても簡単なDIYアイデアをご紹介したいと思います!
1 超カンタン!!貼るだけで出来るフォトフレーム
2 好きなモノだけを集めたスクラッピングスペース




1 超カンタン!!貼るだけで出来るフォトフレーム

まずは本当に簡単に作れるインテリアのポイントとなるオシャレなフォトフレームの作り方から!

photo1-3

用意するものはたった2つ。お気に入りの色や柄の入ったマスキングテープとシンプルなフォトフレームだけです!この道具を聞いただけですでに何となくどんなモノができるのか想像つく方もいらっしゃると思います…!!

そうです。既存のフォトフレームに好きなマスキングテープを貼っていくだけで、シンプルな空間を少しだけ楽しく、カラフルに彩ってくれるフォトフレームを作ることができるんです!!
photo1-2

今までのDIYではフレームに好きなカラーのペンキを塗ることで自分仕様にしましょう!と紹介している記事をよく目にすることがありましたが、ペンキを塗るために新聞紙を敷いたり、ペンキを乾かす時間が必要でした。しかし現在では様々なショップで販売しているマスキングテープを使うことでとても簡単に短時間でオシャレなフォトフレームを作ることができるんです!

ポイントはテープをきちんとまっすぐ貼ること。それだけです。
photo1-4


このフォトフレームだけでは簡単すぎてちょっと物足りないので、本日はもうひとつマスキングテープをフル活用したスクラッピングアイデアをご紹介します!

2 好きなモノだけを集めたスクラッピングスペース

雑誌やフリーペーパーを読んでいて、とっても素敵な写真やファッションを見つけても、そのまま本を閉じてずっと本棚の中に眠っているという事があると思います。たとえ雑誌の1ページでも素敵なインテリアに変身できるんです!

まずは雑誌やフライヤーなどの好きなページを切り抜いていきます。とってもカラフルなページを選んだり、好きな色で統一したり、お部屋のコーディネートに合わせてカットするページを選ぶようにしましょう。

scrap1
scrap2
scrap3
scrap5

今回はファッション雑誌を中心に、デザインやカラーに特徴のあるスタイルの写真を選びました。

ページ選びが終わったら次はマスキングテープ、さらに柄入の包装紙や折り紙などを用意すると、よりスクラップしたページが際立ちます。さらにその上からアクセントカラーになるマスキングテープを貼り付けて、より華やかなスクラッピングスペースを作っていきましょう。
scrap8

何かに使うかも!と思って取っておいたプレゼント用のリボンや紐などをコラージュしてもとっても可愛くコーディネートできますよ!

まとめ
本日はマスキングテープを使った2つのDIYアイデアをご紹介しました!選ぶのも大変なくらいたくさんの種類があるマスキングテープですが、その分様々な使い道があるのも事実。貼るだけでガラッと雰囲気が変わるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

(参照元:http://decor8blog.com/)

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料請求はこちら

すむ図鑑の魅力がたっぷりの一冊。WEB上には載っていない施工事例をぎゅっと詰め込みました。