すまいのことなら「すむ図鑑」。デザイナーと共に創るフルオーダーの家づくり

HOME > リノベーション・コラム > インテリア > デンマークの照明ブランド「ルイスポールセン」が主役のダイニング!!

デンマークの照明ブランド「ルイスポールセン」が主役のダイニング!!

「ルイスポールセン」の照明を上手に取り入れたダイニングスペースのコーディネートをご紹介します!

2015/03/27 // cat [インテリア]
3152" class="post-3152 post type-post status-publish format-standard hentry category-column_interior category-column"

世界中にたくさんのファンを持つ歴史あるデンマークの照明ブランド「ルイスポールセン」

デザイナーのポール・ヘニングセンとのコラボレーションから始まり、多くの著名デザイナーと照明器具を創り出しています。ある特定の場所で使用するために創られたものでも、一般家庭用にさらにリデザインされ、現在ではたくさんの人たちに広く知られ、愛されるようになりました。

そこで実際にリビング・ダイイニング、寝室や趣味部屋で使用しているコーディネート事例をご紹介したいと思います!本日はダイニング編です。
1 鮮やかなレッドが主役!
2 カラーで遊ぶコーディネート
3 自然素材とも調和する優秀な照明
4 デザインを楽しむ部屋
5 家族が自然と集まる優しい空間




1 鮮やかなレッドが主役!

1920年代から30年代初頭のポール・ヘニングセンのオリジナル設計図にもとづくデザインで2014年に販売されたPH 3½-3 ペンダント。3枚のシェードが効率よく光を多方面に反射してくれる機能性も兼ね備えた照明です。白を基調とした室内ですが、椅子にはブルー、照明には赤をコーディネートすることで、素っ気なかった空間が一気に華やかになります!
(画像元:Pinterest)

dining 4 -420


2 カラーで遊ぶコーディネート

1958年に発表されたルイスポールセンの中でも代表的な照明であるPH 50の”ワサビ グリーン”と”チリ・レッド”の異なる2色を組み合わせることで完成するコーディネート。ピンクの壁、赤いテーブル、さらにカラフルな椅子たちにも負けない存在感を放っています!2つの照明の長さに変化を持たせたり、珍しい色味のシェードを選ぶことで、全体的にまとまりのあるダイニングになっています!
(画像元:Pinterest)

dining 1 -420


3 自然素材とも調和する優秀な照明

同じくPH 50のホワイトを使ったダイニングです。こちらのお部屋はホワイト&ダークブラウンの色味にマッチするカラーを選んでいます。テーブルやテーブルウェア、さらには椅子などもホワイトに良く合う自然素材のものを使用すれば、何年経っても飽きることのないシンプルな空間を作ることが出来ます。
(画像元:Pinterest)

dining 2 -420


4 インテリアデザインを楽しむ部屋

シンプルな空間の中にも、ルイスポールセンのPH スノーボールとイームズのブラックチェアが存在感のあるダイニング。余計なものはすべて排除し、2人のデザイナーの共演を楽しんでいるかのように見えます。まさにインテリアが主役のコーディネートです!
(画像元:Pinterest)

dining 3 -420


5 家族が自然と集まる優しい空間

ルイーズ・キャンベルが目に心地良い印象を与え、部屋にソフトな光を拡げられるようデザインした照明LC シャッターズ。カラーは日本の四季をイメージしているんだそう。波を描くようなデザインが見ているだけでも心穏やかな気持にしてくれます。小さなお子様がいるお家にもぴったり!
(画像元:Pinterest)

dining 5 -420



いかがでしたか??たくさんのデザインバリエーションとカラー展開があるので、お部屋の雰囲気や好みに合わせて最適なものを選ぶことができます。さらには光が反射する方向まで考慮した機能性にも優れた照明だからこそ、世界中の人に愛されているのがお分かりいただけると思います。
今回はダイニングスペースを中心に素敵なコーディネートをご紹介しましたが、リビングや寝室、さらには趣味部屋、子供部屋などさまざまな空間にマッチする照明が揃っていますので、またご紹介させていただきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料請求はこちら

すむ図鑑の魅力がたっぷりの一冊。WEB上には載っていない施工事例をぎゅっと詰め込みました。