すまいのことなら「すむ図鑑」。デザイナーと共に創るフルオーダーの家づくり

HOME > リノベーション・コラム > タウン情報 > 編集部リコメンド!住んでみたい街 第5回「恵比寿」

編集部リコメンド!住んでみたい街 第5回「恵比寿」

昔ながらの個人商店と再開発された街が共存する恵比寿が人気のワケとは?!

2015/03/20 // cat [タウン情報]
2955" class="post-2955 post type-post status-publish format-standard hentry category-column_town category-column"

「恵比寿ガーデンプレイス」を中心に洗練された街のイメージを持つ一方、庶民的で昔ながらの商店も残る様々な顔を持つ恵比寿の魅力をたっぷりとご紹介します!
1 恵比寿の歴史
2 女性から圧倒的な支持を持つ恵比寿
3 都内でも群を抜くアクセスの良さ




1 恵比寿の歴史

恵比寿が全国的に名の知れた街となったのは1994年に恵比寿ガーデンプレイスがオープンしてからです。
1887年にサッポロビール株式会社の前進である日本麦酒醸造会社が工場用建設用地として取得し、その工場で生産されたビールを1890(明治23)年に「ゑびすビール」として販売し人気を博しました。この商品名からこの地域一帯は「恵比寿」と呼ばれるようになりましたが、1988年に恵比寿工場は閉鎖され、千葉県へ移設。再開発が進められ現在の恵比寿ガーデンプレイスとして生まれ変わり、遠方からもたくさんの観光客が訪れる観光スポットとなりました。
一方で夏の盆踊りや10月の恵比寿神社のべったら市などの古くから続くお祭りが今でも残っています。駅前で大々的に開催される盆踊りは独特な音頭が特徴的な老若男女で楽しめるお祭りです。えびす講の前夜に行われるべったら市は恵比寿講に祭るお供え物としてべったらが売られたことから始まった江戸時代から続くお祭りです。たくさんの屋台が並び、庶民的な恵比寿の街を楽しむことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2 女性から圧倒的な支持を持つ恵比寿

そんな恵比寿は女性からの支持が高い街でもあります。というのも飲食店はもちろん、エステサロンやヘアサロンなどの美容施設も夜遅くまで開いているお店が多いから。仕事帰りにも余裕を持って通えるお店や、好きな時間帯に使うことができるお店が数多くあるので、たくさんの女性を惹きつけています。
また、飲食店に関してもたくさんの人気店、行列ができるお店が数多く点在していることも女性だけでなく、たくさんの人たちを魅了している一つです。駅構内を出ると大きな商業施設はなく、少し歩くと名店が隠れていたりするので、街をゆったりと散策しながら自分だけが知っているお気に入りのお店を見つけられるのも恵比寿の特徴。
もちろん駅の西口、東口には日常生活に欠かせないスーパーもあるので、買い物がしやすく、平日も休日も違った楽しみ方ができる街でもあります。住んでいる人、訪れる人をワクワクさせてくれる場所があり、ただ単に再開発された街とは全く異なる魅力を持っています。

a0008_002571

3 都内でも群を抜くアクセスの良さ

上記で紹介したとおりたくさんの人が訪れるのには街の魅力だけでなく、もう一つ理由があります。それは都内沿線の中でも群を抜くアクセスの良さ!
恵比寿駅はJR山手線、埼京線、湘南新宿ライン、東京メトロ日比谷線が通る駅です。1996年には埼京線が恵比寿まで延伸、2001年には新宿湘南ラインが乗り入れし、さらに翌年には埼京線が大崎に延伸することでりんかい線と乗り入れたことにより、都内だけでなく関東近郊に住む人たちの乗換駅としてもたくさんの人が利用するようになりました。さらに東京メトロ日比谷線を利用すると六本木や銀座などの都心へも行くことができ、そのアクセスの良さで恵比寿を選ぶ人も多くいます。夜遅くまで開いているお店が繁盛しているのも、このアクセス良好のリッチだからこその特徴です。

photo0000-2574



やはりこれだけの人気エリアだけあって山の手線内の平均単価を比較するともっとも高いのが恵比寿になります。(参照:東京カンテイ http://www.kantei.ne.jp/) しかし駅周辺に限らず範囲を広げて物件探しをしてみると、タイミングによっては敷地面積の広い良好な物件に出会うことができます!観光地としても住む街としても人気の恵比寿で、お気に入りの場所を見つけましょう!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料請求はこちら

すむ図鑑の魅力がたっぷりの一冊。WEB上には載っていない施工事例をぎゅっと詰め込みました。