すまいのことなら「すむ図鑑」。デザイナーと共に創るフルオーダーの家づくり

HOME > リノベーション・コラム > DIY > カンタン便利なDIY術 第1弾 〔キッチンアイテム編〕

カンタン便利なDIY術 第1弾 〔キッチンアイテム編〕

細かなアイテムが多いキッチンをすっきりと見せる収納術をご紹介します!!

2014/11/11 // cat [DIY]
2037" class="post-2037 post type-post status-publish format-standard hentry category-column_diy category-column"

料理好きの方はもちろん、普段あまり料理をしない人でも、キッチンがごちゃごちゃしていると気になって仕方ないですよね…

すむ図鑑でリノベをした方の中にもキッチンに対する深いこだわりを持つ方がたくさんいらっしゃいます!
小さなお子様がいるご家庭は対面式で料理をしながらリビングを見渡すことができるようなキッチンにしたり、
和風の空間に合わせてステンレスのシンクにこだわったりと、
家の中の小さな空間ですが、リノベの一番のポイントをキッチンに置いている方もたくさんいらっしゃいます!

そんなこだわりの詰まったキッチンをより使いやすく、いつまでのキレイに保つために、
本日は気軽にできるキッチンのDIYアイデアをご紹介!
2

キッチンカウンター下の小さな収納を利用して鍋やフライパン、要冷蔵ではない食品などを収納している人は多いのではないでしょうか?!
全てを一カ所に収納していると探したいものがすぐに出てこなかったり、
後ろに収納したものを取り出すために手前のものをいちいち出さないといけなかったり…
または買い物から帰ってきたら同じものを2つ買ってた!!なんていうことも起きてしまいます…
本日ご紹介するたった5つのステップを実践すれば
残った調味料や食料品などをオシャレにステキに収納できますよ~!
ぜひキッチン収納の参考にしてください!!
step1 現在の収納物を確かめる!
step2 予算を確定する!
step3 ラベルを作る!
step4 アイテムごとにグループ分けする!
step5 焦らない!



step1 現在の収納物を確かめる!

どんなアイテム、食料品をストックしているか?
全てを収納するのにどれくらいのスペースが必要か?
キャビネットの大きさとどのアイテムを収納するのかを簡単にリスト化しておきます。

このときに細かな数やキャビネットの大きさや幅をきちんと明確化しておくことがおすすめ。
この面倒な作業をしっかりと行うことで、後の作業がだいぶ楽に進められます!
3


step2 予算を確定する!

収納するのに必要なグラスジャーやプラスチック容器などをリスト化したものから想定して費用を予想。
また、中身が何かを簡単に見分けるために容器に貼るためのテープも予算に入れておきましょう!
一番お金がかかるのはキャビネットの中に使う収納棚。
サイズを確認して近くのホームセンターで最も安いものを購入するのがおすすめですよ!


step3 ラベルを作る!

収納アイテムを揃えたら、何を保存・保管している容器なのかが一目で分かるラベルを必ず作りましょう!
何が入っているかに加えて、賞味期限やいつ買ったものか、どこ産のものかなど、
必要だと思う情報はなるべく記入しておくと、掃除やゴミ捨てを行う時に簡単に判断できるようになります。
4


step4 アイテムごとにグループ分けする!

例えばお菓子作りに使う小麦粉と卵黄を塗るハケなど、
アイテムが違ってもお菓子を作る際に必要なものだったら、一つのケースにまとめておくのがおすすめです。
ホームパーティーの時にセットするもの、お弁当を作る時に必要なものなどを纏めておけば、
アイテムごとにバラバラに収納されたものを探す時間が省けます!
5


step5 焦らない!

収納方法を考えるのはとても簡単ですが、全部一気にやろうとすることは逆にストレスになってしまうのでやめましょう!
まずは念入りに収納方法をプランニングすることが大切。
それさえ決まれば必要なものを購入して、ラベルを作り、プラン通りにしまうだけで済むので、
プランニングにしっかりと時間を費やしてくださいね!
1



まとめ
限られたスペースを使っていかに便利な収納にするか…
今回はキッチン収納のアイデアをご紹介しましたが、この収納方法はキッチン以外の場所にも活用できそう!!
とても簡単なアイデアで今までのイライラが解消されるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!!

参照元/画像元:A Beautifull Mess (http://www.abeautifulmess.com/)

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料請求はこちら

すむ図鑑の魅力がたっぷりの一冊。WEB上には載っていない施工事例をぎゅっと詰め込みました。